間違った洗顔でおこる肌のトラブル

 

ニキビが増えてしまうこと

洗顔はスキンケアの基本です。肌の汚れをとる目的がありますが、洗浄力の強いものでは大切な皮脂までもなくしてしまいます。オイリー肌の方は、さっぱりと洗いたい為に、特に洗浄力の強いものを使う傾向があります。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。余分な皮脂は毛穴に詰まりニキビの原因となります。

 

皮脂のバランスをとることは、肌のターンオーバーを活性化するためにも必要ですから、正しい洗顔をする事がとても大切なのです。毎日の洗顔は汚れを落とすという目的だけでなく、保湿効果をする事も意識してみましょう。そのためには美肌成分の配合されているものが必要です。

 

肌のバリア機能がなくなること

ダブル洗顔にはメリットもデメリットもありますが、ダブル洗顔不要クレンジングを使うことと比較すると、明らかに肌に負担がかかっています。クレンジング剤と洗顔料を使うことで肌に負担をかけています。そして成分の刺激物は肌のバリア機能を破壊する原因となり、外部の刺激から肌を守る事が出来なくなります。

 

紫外線腺や、雑菌など、肌に刺激となるものはたくさんあります。私達の肌には見えないこのバリア機能がある為に、いつも健康的に保つことが出来ます。しかし負担のあるダブル洗顔が原因で、シミが増えたりにきび、肌荒れなどのトラブルの原因となっているのです。

 

洗浄力が強すぎること

最近ダブル洗顔不要クレンジングがとても人気があるのは、肌にとても優しい事が理由となっています。ダブル洗顔で負担をかけ過ぎた肌の回復を行い、肌の働きを活発にする事が出来ます。

 

ダブル洗顔を今まで行っていた理由は、洗浄力が良いというメリットがあったためです。クレンジング剤と洗顔料にはそれぞれ特徴のある働きがありますが、同時に肌には負担が2度かかっているという事です。

 

汚れを落とすということばかりを意識していると、必要な肌の皮脂までも洗い流してしまいます。本来は必要な汚れだけをとる事が必要なため、ダブル洗顔不要クレンジングはとても注目されています。

関連ページ

ダブル洗顔をするデメリットについて
クレンジングでメイクと落とした後に、洗顔料を使って洗顔をするダブル洗顔。特にクレンジング剤には、界面活性剤が含まれている為に、肌にとても刺激となり、さらに洗顔料で肌に必要な皮脂までも洗い流してしまうという逆効果があります。
肌の汚れについて
肌につく汚れは大きく分けて、水溶性と油性の汚れの2種類があります。水溶性の汚れは汗や皮脂などで、これは体の汚れと同じで、石鹸で綺麗にする事ができる汚れです。水溶性と異なる汚れの油性の汚れは、毎日のメイク用品によるものです。
洗顔後の保湿はとても重要
ダブル洗顔で肌が乾燥してしまう場合があります。ダブル洗顔不要クレンジングを使うと、一度に全てのスキンケア効果があります。汚れを取りながらさらに保湿も同時に行う事ができる為に、乾燥肌の改善にもなっているのです。
ダブル洗顔不要クレンジングを使うメリットは?
最近とても人気のあるのがダブル洗顔不要クレンジングです。毎日の面倒なスキンケアの手間が省ける事が魅力になっていますよね。しかし、それ以上に注目をした点が、今までダブル洗顔で与えていた負担を減らす事ができる点です。