肌の汚れについて

 

水溶性の肌の汚れ落とし方

肌につく汚れは大きく分けて、水溶性と油性の汚れの2種類があります。今まではそれぞれの汚れにあった洗顔をしていました。水溶性の汚れは汗や皮脂などで、これは体の汚れと同じで、石鹸で綺麗にする事ができる汚れです。

 

洗顔は朝と夜の一日2回行う事が一般的ですが、水溶性の汚れがある朝の洗顔では、クレンジングを使わないで洗顔料を使っていますよね。これはそれぞれの汚れに働く化粧品を使うことが必要だからです。

 

ダブル洗顔不要クレンジングは、それぞれを使い分ける必要が無く、必要な汚れに対しての機能が抜群であることが特徴になっています。手軽に使える点もメリットになっています。

 

油性の肌の汚れの落とし方

水溶性と異なる汚れの油性の汚れは、毎日のメイク用品によるものです。ファンデーションやウォータープルーフのマスカラやアイラインなどのポイントメイク、なかなか落とせないことが特徴です。そして最近では化粧崩れを防ぐ為に、ファンデーションもとても粒子の細かいものが増えていますので、毛穴の奥まで入ってしまうことがあります。

 

リキッドファンデーションはカバー力も良い反面、油性成分を多く使用している為に、洗顔料だけでは綺麗に落とすことは出来ないのです。そこで必要になるのがクレンジングです。このような油性の汚れを落とすためには界面活性剤などを使用したクレンジングが必要でした。

 

メイクをしていない時のクレンジングとは?

ダブル洗顔のデメリットには、刺激の強いクレンジング剤を使用した後に、さらに洗顔料で肌に刺激を与えることです。特にポイントメイクのような濃いメイクを落とすためには、クレンジング力の高いものが必要でした。そのため、クレンジング剤はメイク落としとしての機能しかありません。水溶性の汗や皮脂を取るためには洗顔料が必要になるのです。

 

最近注目のダブル洗顔不要クレンジングは、どちらの機能性もあり1つで何役もこなせるということがメリットになっています。メイクをしていても、素肌でも関係なく使える低刺激であることと、そしてそれぞれの汚れにあった洗浄効果があるのです。

関連ページ

ダブル洗顔をするデメリットについて
クレンジングでメイクと落とした後に、洗顔料を使って洗顔をするダブル洗顔。特にクレンジング剤には、界面活性剤が含まれている為に、肌にとても刺激となり、さらに洗顔料で肌に必要な皮脂までも洗い流してしまうという逆効果があります。
間違った洗顔でおこる肌のトラブル
洗顔はスキンケアの基本です。肌の汚れをとる目的がありますが、洗浄力の強いものでは大切な皮脂までもなくしてしまいます。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。余分な皮脂は毛穴に詰まりニキビの原因となります。
洗顔後の保湿はとても重要
ダブル洗顔で肌が乾燥してしまう場合があります。ダブル洗顔不要クレンジングを使うと、一度に全てのスキンケア効果があります。汚れを取りながらさらに保湿も同時に行う事ができる為に、乾燥肌の改善にもなっているのです。
ダブル洗顔不要クレンジングを使うメリットは?
最近とても人気のあるのがダブル洗顔不要クレンジングです。毎日の面倒なスキンケアの手間が省ける事が魅力になっていますよね。しかし、それ以上に注目をした点が、今までダブル洗顔で与えていた負担を減らす事ができる点です。