ダブル洗顔をするデメリットについて

 

肌の負担を増やす点

クレンジングでメイクと落とした後に、洗顔料を使って洗顔をするダブル洗顔。洗浄力を重視してしまうと、実は肌に負担となってしまいます。特にクレンジング剤には、界面活性剤が含まれている為に、肌にとても刺激となり、さらに洗顔料で肌に必要な皮脂までも洗い流してしまうという逆効果があります。

 

洗顔は毎日行う為に、スキンケアの基本としてもとても大切なことです。肌の負担を減らして、汚れを落とすダブル洗顔不要クレンジングがとても注目されていますが、毎日のお手入れをの手間を省くだけでなく、肌の負担を減らすというメリットがあります。最近肌の調子が悪いと思いはじめたらクレンジングを見直す時期かもしれません。

 

乾燥肌になってしまうこと

ダブル洗顔をすることで、肌が乾燥してしまう原因になっています。正しいクレンジングと洗顔をしないと、肌に刺激を与え皮脂を洗い流してしまうのです。メイクの残りが肌が付着していると、毛穴のつまりとなりにきびや吹き出物の原因となります。クレンジング剤だけでは満足出来ない方は、洗顔料でさらに皮脂を洗い流してしまいます。

 

そして2度の作業を繰り返す事で、肌を摩擦して表面を刺激しています。肌には乾燥を守る為に皮脂が必要になりますが、ダブル洗顔を続けることで乾燥肌になってしまう場合があるのです。刺激の少ないもので、保湿効果のある化粧品を使うことが必要ですね。

 

洗顔料が肌に合わないことも

毎日行う洗顔ですが、肌に合わない洗顔料を使っている方がたくさんいます。洗顔料は洗浄力が一番大切なのですが、そればかりを意識してしまうと皮脂のバランスを悪くする結果となります。そしてダブル洗顔では、クレンジング剤と洗顔料を使う為に、香料や保存料などの添加物が肌に与える負担も多いのです。

 

肌荒れや乾燥肌、ニキビなどトラブルが続いてしまう場合には、基本のクレジングと洗顔をもう一度見直してみましょう。

 

肌に合うものを使うことが大切ですが、刺激の少ない成分と、保湿成分が配合されているものを使うことが重要になります。ダブル洗顔は注意をしないと肌にデメリットになっています。

関連ページ

間違った洗顔でおこる肌のトラブル
洗顔はスキンケアの基本です。肌の汚れをとる目的がありますが、洗浄力の強いものでは大切な皮脂までもなくしてしまいます。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。余分な皮脂は毛穴に詰まりニキビの原因となります。
肌の汚れについて
肌につく汚れは大きく分けて、水溶性と油性の汚れの2種類があります。水溶性の汚れは汗や皮脂などで、これは体の汚れと同じで、石鹸で綺麗にする事ができる汚れです。水溶性と異なる汚れの油性の汚れは、毎日のメイク用品によるものです。
洗顔後の保湿はとても重要
ダブル洗顔で肌が乾燥してしまう場合があります。ダブル洗顔不要クレンジングを使うと、一度に全てのスキンケア効果があります。汚れを取りながらさらに保湿も同時に行う事ができる為に、乾燥肌の改善にもなっているのです。
ダブル洗顔不要クレンジングを使うメリットは?
最近とても人気のあるのがダブル洗顔不要クレンジングです。毎日の面倒なスキンケアの手間が省ける事が魅力になっていますよね。しかし、それ以上に注目をした点が、今までダブル洗顔で与えていた負担を減らす事ができる点です。